松本一哉『オープン・グラインドハウス』

graindhause-logo-1-1024x728

吉祥寺シアターのレジデンスプログラム「オープン・グラインドハウス」に参加し、期間内吉祥寺シアターに滞在して製作した自主制作音源「オープン・グラインドハウス」をライブ会場などで販売しております。


「オープン・グラインドハウス 」

『オープン・グラインドハウス』は吉祥寺シアターのレジデンスプログラム“みせびらき”の一環として、12月10日〜15日までの6日間に渡ってバストリオが行った公開滞在制作です。

“多くの人に劇場と出会ってもらう”というコンセプトのもと、通りに面した搬入口を開け放ち、誰もが訪れることができるリビング(生きている場)のような場を立ち上げ、そこで新作パフォーマンス『グラインドハウス』を制作しました。14、15日にはパフォーマンス上演も行いました。

期間中は「衣・食・住」にまつわる様々な企画を同時進行で進め、コーヒー1杯をお金以外のモノと交換しパフォーマンスのための素材を集めるコーヒースタンド『Grind House Coffee』や、パフォーマンスのための衣装をつくるブランド『MOUNTAIN OF CLOTHES』の立ち上げや、複数の人が異なる視点で切り取った吉祥寺の街の映像をつなぎ30分の映画にする『だれかのどこか』といった誰でも参加可能な企画を通して『グラインドハウス』を制作するなど、「かきまわす」という意味を持つグラインドのままに、全てがごちゃまぜなった家を6日間の記録です。

バストリオ「オープン・グラインドハウス」特設ページ

http://busstrio.com/open-grindhouse

参加者

秋良美有 秋山遊楽 小川沙希 岡村陽一

黒木麻衣 今野裕一郎 嵯峨ふみか 酒井和哉

坂藤加菜 新穂恭久 杉浦俊介(BRÜCKE)

タカラマハヤ 西田宗由 桒野有香(ニャー)

橋本和加子 萬洲通擴 半田美樹

松本一哉 和久井幸一 and more

Track list

「オープン・グラインドハウス」

1.吉祥寺シアターへ行こう

2.開場初日

3.長机を作る

4.アンちゃん

5.キッチン

6.食卓

7.争い

8.grind

9.井の頭公園へ

10.鴨と口笛お爺さんとボート一家と時々俺

11.室外機

12.素粒子

13.継ぐ

14.Burundi

15.在室

16.不在

17.閉場

18.Jingle Bells

19.レインボースプリング

20.テネシーワルツ

21.珈琲と交換した歌

Total Time:74分

オープン・グラインドハウスの曲解説が見たい方はこちらから

Release: 2018.12.15

PRICE: ¥1000(tax in)


以前から自然の中での1発録音だけではなく、同じ手法で、都会の喧噪や、人工物や、人を対象にした音源を製作しており、コツコツ録り溜めてはいたのですが、オープン・グラインドハウスに参加した事がキッカケで作品が1つ生まれました。

1st「水のかたち」2nd「落ちる散る満ちる」と何も変わらないのですが、「オープン・グラインドハウス」が生み出している自然の方が面白いと思う瞬間が幾つもあります。

無秩序に行われる人の営み(人の自然、自然の人)の中での即興によるドキュメンタルな作品。是非聴いてみてください。

W008301 W008303 W008310 W008322 W008344 W008351 W008371 W008386