IMG_9876

ソトコト4月号に松本一哉についての記事が掲載されています

一部抜粋

彼の作品からは、音楽を通してその土地の繊細な何かにつながろうとしていることがよくわかる。

そこから想起させるのはブライアンイートやクリスワトソンといったアンビエントやフィールドレコーディングの先駆者たちの系譜よりも、宗祇や心敬といった連歌師たちのような、連綿と続く土地の繊細な何かと、自然の生命力のつながりをつかみ取ろうとしていた先人たちの姿だ。

21世期の日本にまだ現れていない何かを目指す姿に見えて仕方がないのだ

僕がやっている事、やろうとしている事、その可能性などについて書いてくださっています。‬

‪ぜひ見てみてください。

購入はこちらから

Amazon

楽天

富士山マガジンサービス

IMG_9875