fly20180128

音まち千住の縁「表現(Hyogen)|茶MUSICA」との連携企画の1日に出演します。

日時

2018年2月14日(水)18:30開場/19:00開演

会場

安養院

〒120-0034 東京都足立区千住5-17-9

出演

表現(Hyogen)

松本一哉

料金

1,500円[事前申込優先・定員40名]

予約

「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」事務局

[WEB予約フォーム]

[電話] 03-6806-1740 (13:00~18:00、火曜・木曜除く)

[メール] info@aaa-senju.com

件名を「2/14 ライブ」とし、(1)お名前(ふりがな)、(2)参加人数、(3)ご連絡先(メールアドレス・電話番号)、

をご記入の上お送りください。

※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。

※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

 

表現(Hyogen)が仲町の家を飛び出し、千住で最も古い寺院のひとつ、安養院に出張!

音楽家・打楽器奏者の松本一哉を迎えて、音が渦巻くスペシャルな一夜。

表現(Hyogen)

Hyogen_c鈴木竜一朗

4つの身体、4つの楽器による音楽の箱舟。

権頭真由 (acc/vo)、佐藤公哉 (vn/vo)、古川麦 (gt/vo)、園田空也 (cb/vo)

2005年東京藝術大学に発足。即興演奏を下敷きとした作曲を特色とし、「未知の故郷が見える」と賞される音楽性でライヴハウス、ホールはもとより美術館、ギャラリー、寺社、教会、古民家、野外など多彩なスペースで演奏を行う。

人や空間と共鳴しながら音を紡ぐ力に定評があり、様々なジャンルとの共演/共作、地域に密着したプロジェクトも手がける。

2013年瀬戸内国際芸術祭パフォーミングアーツプログラムに出演しアルバム/アートボックス『琥珀の島』を発表。

2013年「川俣正・東京インプログレス」にゲストアーティストとして参加。CIANアートアワード2013授賞。

2014年8~9月、美術家・川俣正とCIANのサポートによる欧州3カ国(パリ、プラハ、ベルリン)のツアーを行い、各地で熱狂的に迎えられる。